わきがの原因

わきがの臭いは、アポクリン汗腺から分泌される汗を皮膚の常在菌が分解する際に発生します。つまり、わきがの臭いを起こらなくするためには、アポクリン汗腺から分泌される汗をなくしてしまうか、皮膚の常在菌をなくしてしまうかの、いずれかの方法を取ればよいということになります。現実的なことを考えると、アポクリン汗腺からの汗の分泌を抑制する方法の方が簡単であるため、多くのわきが治療は、その考え方に基づいた方法となっています。従来は、メスで切り開いた皮膚をひっくり返し、目で見えるアポクリン汗腺をハサミで剪除していくという方法でわきが治療がなされるケースが多かったのですが、最近ではメスを用いない方法を利用する人が多くなってきています。

わきが治療を受けたいと希望していても、たくさん血が出る手術や痛い治療は受けたくないと考えるのが普通です。また、いくら気になる臭いをなくすことができたとしても、夏に薄着になるのを躊躇してしまうような傷跡が残ってしまうのは嫌だと考える人が少なくありません。そのため、皮膚を切開しない方法で、わきが治療を受ける人が多くなってきました。最近よく利用されているのが、わきの下に超音波を照射してアポクリン汗腺等を破砕し、皮膚に開けた小さな穴から吸引する、超音波法と呼ばれる手術です。汗腺の除去具合を目で確認できるわけではないので、取りこぼしが発生しやすいというデメリットがありますが、出血量が少なく、皮膚に傷跡がほとんど残らないというメリットがあります。また、注射で治療するという簡単な方法もあります。治療効果が限定されますが、いろいろとメリットが多い方法であるため、今後は超音波や注射によるわきが治療を受ける人が増えるだろうと予想されています。